歩く大学生

大学2年。いろいろなことについて書いていきます。中高6年男子校を経験し、女性への免疫0で今日も生活しています。軽音楽、テニスが好き。最近は音域についての記事が多いです。間違っていたらコメント残してくれれば助かります。

「振り子」 (Uru)の音域と感想


スポンサードリンク
 

 

こんにちは。歩く大学生です。今日はサークルです。昼からの予定でしたが、起きたのは昼です。遅れて行くことにします。

 

今回はUruさんの「振り子」を取り上げて行きます。

 

 

 

「振り子」 (Uru) (2020)

 

 

 

[地声最低音] mid1C (C3)

 

m1C[う]す汚れた網戸が (1番 Aメロ)

 

 

[地声最高音] HiA# (A#4)

 

・ぶら下がって足を浮かHiA#[せ]HiA[た]m2G[ま]んま (1番 サビ)

・それでもあm2G[な]HiA[た]2G[と]いうHiA#[ひ]HiA[か]HiA#[り]A[が]

HiA[明]日を照らしてくれHiA[た]HiA#[か]HiA[ら]

 

 

[裏声最高音] HiC (C5)

 

・それでもあなたとい裏HiC[う]ひかりが (Bメロ)

 

 

[さらに深堀り]

 

・夢と現実の狭m2G[間]HiA[で] (1番 サビ)

・私は生涯このくHiA[つ]m2G[で]歩いm2G[て]HiA[く] (Bメロ)

 

 

youtu.be

 

音域は女性にとっておかしい所にありますね。普通の女性では歌えないですし、男性でも原キーは厳しい頭おかしい音域ですね。上級者向けと言えるか、声が低い女性ならとても歌いやすい曲だと思います。

 

リズムが同じようなメロディなのに、少しずつ違うし、まず取りにくい。難易度が高い曲を簡単そうに聞こえるのはさすがです。